NOTES

UP

Lesson – 最強のドラム練習帳 〜 Vol.14 オマー・ハキムに学ぶダイナミクス・コントロール

  • Text:Michiaki Suganuma

フレーズがワン・パターンになってしまう、プロ・ドラマーが叩くようなカッコいいテクニックを身につけたい、とにかくもっとうまくなりたい……そういったドラマーにオススメしたいのが、凄腕ドラマー25人のマル秘テクニックが学べる教則本=『最強のドラム練習帳〜名手25人の究極技〜』。今回は、スティングやマドンナとの共演でも活躍し、グルーヴとテクニックを高次元で両立させるドラマー、オマー・ハキム。あらゆるジャンルのアーティストから引っ張りだこの彼の最大の魅力とも言える、ダイナミクス・コントロールを解説!

ベーシック・アプローチ

16ビートのハイハットにアクセントを加えたパターン(Ex-10:00〜)で、ハイハットで躍動的なビートを作っていくアプローチ。4小節目のフィルインもアクセントを使ったフレーリングだ。左右のアクセントを均一な音量に揃えよう。

アクセントの移動は、ダウン・ストロークの正確性が特に重要となる。ダウン・ストロークはアクセントを叩いた後、小さい音を叩くために打面近くでスティックを止めるもので、これが正確にできないとノー・アクセントの音がコントロールできず、アクセントとのメリハリがなくなってしまうので注意。

オマー・ハキム流アプローチ

Ex-20:15〜)も16ビートのハイハットにアクセントの移動を迎えたパターン。バス・ドラムとハイハットのアクセントが微妙に絡んでいるのがミソ。途中左手のハイハット・オープンでアクセントをより強調しているのがポイントとなる。アクセントをスティックのショルダー、ノー・アクセントはスティックのチップで叩くようにすると、よりアクセントが強調できる。


アクセントの移動を使ったより複雑なコンビネーションのパターン(Ex-3/0:25〜)。1小節目の終わりのハイハット・オープンから2小節目にかけてのアクセントの入れ方がポイント。左手のアクセントをなるべく強めに叩くようにしよう。1小節目はロールからバス・トラムの部分のアクセントにかけてのコンビネーションがポイントで、ここもメリハリのあるアクセントになるよう心がけよう。


バウンスした16ビート・パターンでの躍動的なアクセントのつけ方の一例(Ex-4/0:35〜)。ここでは6連符のはさみ方がポイント。6連の手順はダブル・ストロークを使ってスピーディに叩けるようにしよう。2小節目アタマはパラディドルの手順になっているので、切り替えとハイハット・オープンのアクセントがしっかり入れられるようにしよう。

関連記事

ドラマガWEB 最強のドラム練習帳

Vol.01 ジョン・ボーナムに学ぶ8ビートの発展パターン&フィル
Vol.02 ジェフ・ポーカロに学ぶハイハットによるリズム構築
Vol.03 コージー・パウエルに学ぶ重量級ツーバス・ドラミング
Vol.04 チャド・スミスに学ぶロックとファンク・ビートの融合
Vol.05 マイク・ポートノイに学ぶ発展型ツーバス・テクニック
Vol.06 デヴィッド・ガリバルディに学ぶ複合パターン作り
Vol.07 ヴィニー・カリウタに学ぶ奇数割り変則フレージング
Vol.08 バーナード・パーディに学ぶ躍動のファンク・ビート
Vol.09 神保 彰に学ぶハイテク・フィルと左足クラーベ
Vol.09 神保彰に学ぶハイテク・フィルと左足クラーベ – 2
Vol.09 神保彰に学ぶハイテク・フィルと左足クラーベ – 3
Vol.10 スティーヴ・ジョーダンに学ぶR&Bスタイルのグルーヴ
Vol.11 サイモン・フィリップスに学ぶ左半身強化プレイ
Vol.12 トニー・ウィリアムスに学ぶ高速&変則レガート
Vol.13 村上“ポンタ”秀一に学ぶメロディアス・プレイ