SPECIAL

UP

誌上ドラム・コンテスト2020「BACK to the FUSION」特設サイト

  • Photo:Tetsuro Sato(Riku Taira、Senri Kawaguchi)、Taichi Nishimaki(Maoki Yamamoto)

TOP ■課題曲 ■応募要項 ■審査員紹介 ■審査の流れ ■審査結果 ■賞品 ■過去のコンテスト

NEW!!【11月22日更新】一般コース&マスターコースの二次審査結果を発表!

二次審査結果発表

一次審査結果に続き、一般コース&マスターコースの二次審査結果をいよいよ発表!
ハイレベルな闘いをくぐり抜け、最終審査に進出するのはいったい……?

発表ページはこちら⬇︎

二次審査結果一般&マスターコース

今年のテーマは原点回帰!
審査員は過去のコンテスト入賞者=DM Avengers!!

新型コロナウイルスの世界的流行により、相次ぐ音楽イベントの中止や自粛生活で、ドラムを思いきり叩ける機会が減ってしまったというプレイヤーは多いはず。そこで、世間を覆うネガティヴな空気やフラストレーションを吹き飛ばすべく、恒例の誌上ドラム・コンテストを今年も開催することとなりました!

リニューアル一発目のコンテストとなる今回は“原点”に立ち返り、フュージョンをテーマとしたインストゥルメンタルの課題曲で、プレイヤビリティ=演奏力を競っていただきます。最終審査員を務めるのは、本コンテスト入賞者で、現在プロとして活躍する平 陸川口千里本誌20年7月号付録のDLカードには、2人のスペシャル・デモ演奏を収録! コロナの逆境を覆すほどのエネルギー&テクニックを、思い思いのドラミングで存分に発揮してください。ご応募をお待ちしています!

賞品&グランプリ特典

今年のコンテスト入賞者に贈られる賞品ラインナップグランプリを獲得したドラマーへの特典は、こちらからご確認いただけます! ⬇︎

誌上ドラム・コンテスト2020「BACK to the FUSION」賞品紹介

二次審査員

誌上ドラム・コンテスト2020「Back to the FUSION」の二次審査員を務めるのは、本誌コンテストでの受賞経験を持ち、現在はプロ・ドラマーとして活躍しているこちらの3名!

※写真をクリックすると各審査員の詳細プロフィールにジャンプできます。

RYUGA

今井義頼 Yoshinori Imai

伊吹文裕 Fumihiro Ibuki

Webインタビュー公開中!
本誌コンテスト出身の二次審査員3名が、課題曲「Symbiosis」攻略のポイントをアドバイスします!

「BACK to the FUSION」Special Interview
今井義頼 伊吹文裕 RYUGA

最終審査員

平 陸 Riku Taira

川口千里 Senri Kawaguchi

⬇︎最終審査員による課題曲のスペシャル・デモ演奏が見られる! コンテスト応募券付属号

リズム&ドラム・マガジン2020年7月号

リズム&ドラム・マガジン20年7月号

本コンテストの応募券が付属! 最終審査員を務める平 陸&川口千里へのインタビューでは、自身が参加した当時のコンテストでのエピソードや、今年の課題曲「Symbiosis 」のアプローチ作り、審査のポイントなどなど、存分に語ってもらいました。デモ演奏のプレイ分析も必見です!

付録ダウンロード・カードには、最終審査員を務める平&川口が課題曲に挑戦したスペシャル・パフォーマンス映像を収録 !!

■平 陸
・「Symbiosis」デモ演奏

■川口千里
・「Symbiosis」デモ演奏1:テクニカル・アプローチver.
・「Symbiosis」デモ演奏2:シンプル・アプローチver.

課題曲「Symbiosis(シンビオシス)」

山本真央樹による書き下ろし&新世代フュージョン・バンド=DEZOLVEのメンバーが生演奏!

1. デモ・ドラム入りver.
(参考音源)

打ち込みのデモ・ドラムが入った参考用音源です。※応募には使用できません。

2. クリック&モノラル・ミックスver.(応募用音源)

Lchに4分クリック、Rchに楽曲のモノラル・ミックスが入っています。練習用にも最適です。

3. ステレオ・ミックスver.
(応募用音源)

アタマ1小節分のクリックと、楽曲のステレオ・ミックスが入っています。

※PC端末でのみ「ダウンロード」から音源データをダウンロードすることができます。スマートフォンでのアクセスの場合、ストリーミングでの再生が開始されます。

〜音源データの使用方法〜
上記の音源2または音源3に自分の演奏をミックスし、項目「応募方法」に記載の要領でエントリーしてください。

例1:スタジオのPAスピーカーで音源2の右チャンネル(楽曲)を鳴らし、ヘッドフォンまたはイヤフォンで左チャンネルのクリックをモニターしながら演奏。PAからの再生音とドラムの音を、映像と共に収録。

例2:ヘッドフォンまたはイヤフォンで音源3をモニターしながら、MTRまたはDAWを使ってレコーディング。ミックス時にアタマのクリックを消して完成。


作曲者コメント

自由気ままに、感情/テクニック/グルーヴをぶつけてほしい

2020年に世界規模で起きているとある出来事によって、人と人とが距離をおかねばならない状態になってしまったところから、事態の収束へ向けて共に協力し合い、助け合い、また1つになる、そんな願いやイメージを持って作った楽曲です。

皆が抱える不安、やるせない気持ちを表現した混沌としたリフやメロディからどんどん光に向かい、最後はいつも通りの平和な日常が戻ってくる。しかしまだ問題は山積みではあり、今後の僕達の生き方次第……というのが作曲にあたって思い描いたことです。そのイメージを持って演奏していただけると、プレイに感情を持っていきやすくなるのかな?と。

“ フュージョン”というテーマのため、16 系のキメやクイはそこそこ多めなのですが、そこさえクリアしてしまえばあとはもう自由に、どんなフィールで叩いていただいても問題ないかと思います。インスト音楽というところもあり、“ドラム以外の奏者がどういうことを考えて、ソロをとったり、メロディをとったりしているのか”というところに意識を向けて、ドラムで基盤やアクセントを作っていくことを念頭に演奏していただけますと、より良いグルーヴが生まれてくるのではないでしょうか。

この楽曲を聴いたとき“あ、出だしからもうこれは大変そうだ……”と身構えず、音楽の持つ流れに身を委ねていけば、いつかそれは心地良いグルーヴに昇華されるものだと思います。どうか自由気ままに、“ 感情”を、“ テクニック”を、そして“ グルーヴ”をぶつけていただけましたら大変光栄です。

by 山本真央樹

Next ➡︎ 応募要項