SPECIAL

UP

誌上ドラム・コンテスト2022 特設サイト

  • Program:Rhythm & Drums Magazine Photo:Keishi Sawahira Special Thanks:Live & Diner CROP

【9/22更新】「Breath of Groove」二次審査結果&審査員コメントを公開!

二次審査結果&コメント発表!

2本同時開催しているコンテストのうち、第21回誌上ドラム・コンテスト「Breath of Groove」では、一般コースに171通、マスターコースでは57通、そしてU-15ドラム・コンテスト#02「Dream Up Your Story」には、69通ものご応募が集まりました。

本日9/22は、第21回誌上ドラム・コンテスト「Breath of Groove」二次審査結果を発表! 昨日通過者を発表したU-15ドラム・コンテスト「Dream Up Your Story」を含め、二次審査員によるコメントも公開しました!

気になる通過者は、下記、コンテスト特設ページの「審査結果」メニューからチェックしてみてください!

誌上ドラム・コンテスト2022

-Side A-
第21回誌上ドラム・コンテスト
「Breath of Groove」

▲恒例の全年齢対象コンテスト。
特設ページにて二次審査結果&コメントを公開中!

-Side B-
U-15ドラム・コンテスト#02
「Dream Up Your Story」

▲中学生以下を対象としたコンテスト。
特設ページにて二次審査結果&コメントを公開中!

10月10日=“ドラムの日”
誌上ドラム・コンテスト2022夏
「Breath of Groove」&「Dream Up Your Story」
最終ライヴ審査を開催!

10月10日=ドラムの日のビッグ・イベントとして、昨年大いに盛り上がりを見せた誌上ドラム・コンテストの“最終ライヴ審査”を今年も実施! 課題曲を提供していただいたERWIT&神谷洵平率いるスペシャル・チームが最終審査を務め、ファイナリスト達(合計12名を予定)が繰り広げる渾身の生パフォーマンスをその場でジャッジし、グランプリを決定します。

最終審査チーム(各コンテスト共通)

ERWIT & 神谷洵平[赤い靴]

柏倉隆史[toe、the HIATUS]

with

■松本大輔[リットーミュージック代表取締役社長]
■北野 賢[リズム&ドラム・マガジン編集長]

審査会場:G-Roks Studio
〒168-0073 東京都杉並区下高井戸1-15-12 https://www.groks.co.jp/

●最終審査に進む12名(予定)は、9月23日以降に編集部より個別に連絡を差し上げ、参加意思を確認させていただきます。また、会場となるG-ROKSまでの交通費および宿泊費は自己負担となりますので、予めご了承ください。
●ライヴ審査当日は、スムーズな転換および公平な審査のため、ドラム・セットおよびシンバルに関しましては、会場で用意する共通の機材をご使用いただきます。また、ご自身の機材のお持ち込みに関しましても制限を設けさせていただきますので、こちらについても予めご了承ください。
●当日の演奏は、応募映像とは異なるパフォーマンスでも問題ありません。常設機材を存分に生かしていただければと思います。
●最終審査当日の模様は映像収録させていただきます(※配信未定)。
●コンテストの結果は、本特設サイトにて発表いたします。グランプリおよび準クランプリに輝いた方のパフォーマンス映像は、リズム&ドラム・マガジン2023年1月号のストリーミング・コードに収録させていただきます。

三次審査は石若 駿が担当!

セッションやレコーディング現場に引っ張りだこの若手ドラマー、石若 駿がコンテスト三次審査(映像審査)を担当! この三次審査を経て、最終審査でパフォーマンスを行うファイナリスト12名(予定)が選出されます!

石若 駿

■コンテスト関連記事

初心者のためのイヤモニ入門! feat. 響[摩天楼オペラ]

▲プロ/アマ問わずドラマーにとってすっかり身近な存在となったインイヤー・モニター=イヤモニ。誌上ドラム・コンテストへの挑戦と共に導入するプレイヤーも増えてきているということで、ビギナー向けの“入門編”として、1万円台という価格で入手できる4製品のレビュー&イヤモニの基礎知識を学べるコラムを2本立てでお届けします。試奏動画では、響がコンテスト課題曲をプレイ!