DRUM KIT LIBRALY

UP

Set Up – yukihiro

  • [L'Arc-en-Ciel]

このキットを使用したバンド結成30周年記念ライヴ、<30th L’Anniversary Starting Live “L'APPY BIRTHDAY”>のレポートはこちらをチェック!

  • Photo:Reishi Eguma[C-LOVe CREATORS](Equipment)、Takayuki Okada/Hiroaki Ishikawa/Yuki Kawamoto(Live)

DRUM KIT 

堅実なプレイを支えるマットブラック仕様のMasters Premium

幕張メッセ国際展示場1-3ホールにて行われたL'Arc-en-Cielのバンド結成30周年記念ライヴ=30th L’Anniversary Starting Live“L'APPY BIRTHDAY”でyukihiroが使用したのは、パールのマスターズプレミアム(MRP)。18年のライヴ“L'ArChrimas”と同様、2バス、1タム、2フロアタムに、6"、8"、10"のロートタム、そして3台のハイハットなど計13点のシンバルが緻密に組み込まれた多点セッティングだ。18年に撮影した際は、打面ヘッドはコーテッド系だったが、今回は従来愛用していたクリア系ヘッドに戻した様子で、バスドラムにはレモのパワーストローク3を、タム/フロアタムにはエヴァンスのG2クリアをそれぞれ装着。シンバルはセイビアンで統一されており、奏者右側の12"ミニチャイナがAAシリーズからAAXに替えられていた。ラックまで塗装が施されたつや消しの漆黒キットに、華やかなシンバルの構成が映えるその佇まいには、堅実かつ表現豊かなドラミングで楽曲を支える彼が愛器に寄せている信念も感じられる。またラックをスネアスタンドの脚で固定するスタイルもyukihiroならでは。スネアドラムは、ヌケの良いソリッドな音色が印象的な自身のシグネチャーモデルをメインとしてセンターに据え、サイドスネアとして使用するHybrid Exoticを左側に配置。2台の打面ヘッドは、メインにエヴァンスのUV1を、サイドはレモのブラックスウェードが張られていた。フットペダルは、パールのELIMINATOR II。奏者左側に置かれたPreSonusのミキサーボード(StudioLive 32SX)もまた、壮大な音世界を支えるyukihiroのタイトなビートを、バラエティ豊かな音色で彩る重要な存在だ。

SET UP!

【Drum Kit】
PEARL
Masters Premium Series
22"×20"BD(×2)、10"×10"TT、14"×14"FT、16"×16"FT

REMO
6"&8"&10" Roto Tom

【Snare Drum】
PEARL
yukihiro Signature Model ver.3 14"×3.5"(Main)
Hybrid Exotic 14"×5"(Side)

【Cymbals】(L→R)
SABIAN
10" Chopper、
16" FRX Crash、
18" HH Medium Thin Crash、
13" HH Fusion Hats(Top & Bottom)、
10" AA Mini Hats、
9" Valut Max Splash、
17" AA Holy Chinese、
10" HHX Splash、
12" AAX Mini Chinese、
12" AA Mini Hats、
21" HH Raw Bell Dry Ride、
17" HH Medium Thin Crash、
18" HH Thin Chinese