PLAYER

UP

TOP – Selected Jeff’s Works 沼澤 尚が選ぶ“ジェフの名盤” 100

スティーリー・ダン、ボズ・スキャッグス、マイケル・ジャクソンなど数々の傑作にセッション・ドラマーとしてその名を刻み、TOTOのメンバーとしても大成功を収めた伝説のグルーヴ・マスター、ジェフ・ポーカロ。4月1日は彼の生誕日を記念し、その功績を語り継ぐべく、生前ジェフとも親交のあった沼澤 尚が選んだ“ジェフの名盤100”を10日間に渡って紹介

Selected Jeff’s Works
沼澤 尚が選ぶ“ジェフの名盤” 100

【VOL.01】初レコーディング作品を含む初期10作(3月31日公開)

【VOL.02】77〜78年に参加した10作(4月1日公開)

【VOL.03】記念すべきTOTOのデビュー・アルバムを含む10作(4月2日公開)

【VOL.04】AORを中心にバラエティに富んだ79年の10作(4月3日公開)

【VOL.05】名盤揃いの80年に参加した10枚(4月4日公開)

【VOL.06】傑作『TOTO Ⅳ』など81〜82年参加の10作(4月5日公開)

【VOL.07】AORの傑作を中心とした82年参加の10枚(4月6日公開)

【VOL.08】音楽史に残るセールスを記録した『Thriller』を含む82~84年参加の10枚(4月7日公開)

【VOL.09】TOTOのアルバムを中心とした84~90年参加の10作(4月8日公開)

【VOL.10】TOTOでの遺作となった『Kingdom Of Desire』など、晩年のジェフが90年代前半に参加した10作(4月9日公開)

※本記事はリズム&ドラム・マガジン2014年5月号、6月号の記事を転載したものになります。

ジェフ・ポーカロ関連記事