PLAYER

UP

Interview – 荒田 洸[WONK]

ドラマガ20年7月号表紙特集
“Drummer’s Drummer”のアンケート
荒田 洸のスペシャル・アンサーが到着!!

ドラマガ20年7月号で大好評だった表紙特集“Drummer’s Drummer”では、今一番ライヴを観たいドラマー/バンドについてドラマーにアンケートを発表したが、ここではロング・インタビューと併せて、荒田に回答をいただいた!

Q1. 今、一番ライヴを観たい日本のドラマーは?

Q2. 演奏力が高いと思う日本のバンドは?

◎Profile
あらたひかる:WONKのリーダー、ドラマー。個人として、2018年に自身初のソロEP『Persona.』をリリースし、ボーカルとして活動の幅も広げるほか、HipHopシーンを牽引するラッパー唾奇やISSUGI、IO(KANDYTOWN)の楽曲やバンドサウンドをプロデュース、バンドマスターとしてツアー参加。iri、MALIYAなど気鋭のアーティストのサポートとしても呼び声が高い。所属レーベルEPISTROPHではkiki vivi lily、MELRAWをプロデュース。この夏、2年ぶりとなるソロシングル「ひかた」をリリースした。

◎Information
荒田 洸 HP Twitter Instagram
WONK HP Twitter Instagram Facebook Youtube