NOTES

UP

Lesson – 岩瀬立飛がドラム・セットで叩く“世界のリズム” #15 – ジャズ系のリズム②

世界中のリズムを研究する名手=岩瀬立飛が、各国のリズムをモチーフとしたパターンをドラム・セットで演奏&解説した、ドラマガ2011年10月号の特集“世界のリズム”。ドラマガ Webではその一部を、演奏音源つきで地域ごとに紹介! 前回に引き続き、「ジャズ系のリズム」を紹介します! 名ドラマー達のフレーズにつながっていく様子を聴いていこう。

#15 ジャズ系のリズム②

ジャズ系のリズム その3 1940’s シャッフル/ブギウギ

ジョー・ジョーンズやソニー・ペインが叩いていたものです。2&4拍でのアクセントはあまりなく、ただ刻み続けるのが主流。ハネ具合いは結構なもので、3連から付点8分ぐらいが通常。その後のバップなどのジャズは逆にハネなくなります。前のめりに注意。

▲Ex-1/0:00〜

ジャズ系のリズム その4 名ジャズ・ドラマー達のシグネチャー・パターン

Ex-2はエルヴィン・ジョーンズ風で、ラテン・ビートなのにハネています。フィルが3連系で入るのも含め、スウィング・フィール(4ビート)と同じ感覚なのでしょう。他の録音でボサノヴァもやっていましたが、それもハネていました。Ex-3はジャック・ディジョネット風で気持ちハネているか?ぐらいの加減。しかもレガートやスネアはかなりレイドバックしていて、普通にハネているような錯覚も覚えます。なぜかは研究してくださいね。録音はECM的イーヴン・パターンにしてみました。最後はジェフ・バラード風(Ex-4)。細かい2つ打ち系のロールで音をつないでいます。レガートも細かい刻みを随所に入れます。ジャズでありながら、インドや中東の音楽の要素も入ってくる感じです。ジャズ・ドラムの新しい流れの1つ。

▲Ex-2/0:00〜
▲Ex-3/0:00〜
▲Ex-4/0:00〜

Ex-2〜4までまとめて聴いてみよう!

名ジャズ・ドラマー達のシグネチャー・パターン をドラム・セットで聴くとこうなる!

岩瀬立飛がドラム・セットで叩く“世界のリズム” – BACK NUMBER

#1:キューバ系のリズム①

#2:キューバ系のリズム②
#3:キューバ系のリズム③
#4:キューバ系のリズム④
#5:カリプソ系のリズム
#6:ブラジル系のリズム①
#7:ブラジル系のリズム②
#8:ブラジル系のリズム③
#9:レゲエ系のリズム①
#10:レゲエ系のリズム②
#11:その他の中南米系のリズム①
#12:その他の中南米系のリズム②
#13:ニューオーリンズ系のリズム
#14:ジャズ系のリズム①

◎Profile
岩瀬立飛(Tappi Iwase):愛知県出身。14歳でドラムを始め、日野元彦、坂田 稔に師事。高校では吹奏楽部でパーカッションを担当。その後、1988年に渡米。ピーター・アースキンやデヴィッド・ガリバルディに教えを受けながら、現地でライヴ、レコーディング活動を展開。帰国後、現在に至るまで自身のバンドである。Nervioや宴での活動の他、エリック宮城バンドをはじめ、さまざまなセッションで活躍中。

岩瀬立飛 Twitter YouTube