GEAR

UP

TAMAとコープランドの40周年を記念した限定シグネチャー・スネア

ザ・ポリスのドラマーとして70年代に世界を席巻し、現在もその唯一無二のドラミングで数多くのフォロワーを生み出しているスチュワート・コープランド。長年愛用しているTAMAとのリレーション・シップが今年で40周年を迎え、それを記念した限定のシグネチャー・スネア・ドラム=“SC145A40”が発売される。

TAMA SC145A40

スチュワート・コープランドのシグネチャー・スネアと言えば、2001年にリリースされ、ロング・セラーを記録しているSC145。このモデルはポリス時代に一世を風靡した、トレード・マークとも言える独特なスネア・サウンドを忠実に再現したもので、1.5mmのブラス・シェルに上下で異なるフープを装着するなど、こだわりのスペックが特徴的。アマチュアだけでなく、プロ・ドラマーの中にも愛用者が多いことでも知られている、まさに名器と呼べる1台だ。

40周年モデルの“SC145A40”も一聴してわかる“あの音色”を再現するために、SC145と同じくスペック&サイズ仕様を採用。フィニッシュは本人のリクエストに応えたアンティーク調の仕上げが施されており、コープランドの持つ音楽家と芸術家という2つの側面を表現する外観となっている。バッヂもSC145と同様に2つ装備され、メイン・バッヂは同じながら、もう1つは本モデル専用のデザインを採用。バッヂの取りつけ位置やエア・ホールの場所、ストレイナーを“ドラマーから見て5時の方向に来る”ポジションへの変更など、この“SC145A40”に対する本人のこだわりもまた、大きな特徴と言えるだろう。

全世界200台限定で日本に入るのは30台のみ。興味のある方はお早めの予約を!

コープランド本人の希望に応えたアンティーク調の仕上げ
 従来のモデルと同じく1.5mmのブラス・シェル
2つあるバッヂの1つは本モデル専用のデザインを採用