DRUM KIT LIBRALY

UP

Set Up – 神保 彰 (Akira Jimbo)

神保が表紙を飾るリズム&ドラム・マガジン21年1月号では、彼のデビュー40周年を締め括るアニバーサリー特集をお届け!

▼このキットを使用したレコーディングの模様も併せてチェック!
【速報】神保 彰がオリジナル・アルバムを3作同時リリース! レコーディング・レポート

  • Photo:Taichi Nishimaki(人物)

DRUM KIT 

不動の相棒、YAMAHA YD9000AJ

2021年の元旦に3作同時リリースされるソロ・アルバムの1つ、『29 NY Red Featuring Silvano Monasterios & Ricky Rodriguez』のドラム・レコーディングで使用されていたキットは、ヤマハのYD9000AJ。デビュー30周年の2010年から使い始めた神保不動の相棒だ。普段は5つのマウント・タムが並ぶが、この日は10"タムを外し、1バス4タムのセッティング。打面ヘッドはすべてレモで、バス・ドラムはパワーストローク3クリア、タム類はエンペラー・クリアで統一。スネア・ドラムは、主にCASIOPEA 3rdや、明るい音が欲しいときに用いると語る自身のシグネチャー・モデル=YSS1450AJで、打面ヘッドはコーテッド・アンバサダーをチョイスし、切り抜いたフェルトとリング・ミュートを施していた。シンバルは、自身のプロデュースであるKジルジャン・カスタム・ハイブリッド・シリーズ。ソロ・アルバムとしては初の国内レコーディングということで、海外でのドラム録りでは調達が難しく使用してこなかったというティンバレスが組み込まれ、ラテン調の楽曲を主とした本作で活躍。フット・ペダルも長年愛用しているヤマハのDFP9500C。今回のレコーディングでは、バス・ドラムだけでも4本、トータルで20本ものマイクが立てられ、ダイナミックなサウンドを演出していた。

SET UP!

【Drum Kit】
YAMAHA
YD9000AJ
22"×16"BD、8"×7.5"TT、12"×8"TT
14"×11"TT、16"×13"TT

【Snare Drum】
YSS1450AJ
The Metal
14"×5"

【Cymbals】(L→R)
ZILDJIAN
K Custom Hybrid Series
14" Hybrid Reversible HiHat
11" Hybrid Splash
17" Hybrid Crash
21" Hybrid Ride
19" Hybrid Trash Smash
13" Hybird Trash Splash on 15" Hybrid Trash Crash
19" Hybrid China