DRUM KIT LIBRARY

UP

Set Up – 西田竜一 (Ryuichi Nishida)

  • LOUDNESS
  • Photo:Tetsuro Sato(Gear)

DRUM KIT 

ルックスも鮮やかにLOUDNESSサウンドを彩るツーバス多点キット

鈴木と共にLOUDNESSのボトムの一翼を担う西田竜一が使用しているのは、TAMAのStarclassic Bubinga。2バス、3タム、2フロア・タムの多点キットで、奏者目の前に並ぶ10"/12"/14"タムのペイズリー柄は自身によるデザイン。打面ヘッドはエヴァンスで統一。バス・ドラムがEQ3クリア、タム類はEC2 Frostedをセレクトしていた。シンバルはすべてジルジャンで、高く掲げられたチャイナは鈴木とほぼ同じ高さにセット。エフェクト系やスタックは西田が参加する楽曲に彩りをもたらしている。アタッチメントを駆使したそのセッティングにも注目! スネア・ドラムはベルブラスの音色に惚れ込んだというTAMAのWarlord Praetorian。現在は廃盤となっているため、もしもの場合に備えて複数台所持しているという。打面ヘッドはエヴァンス・ヘヴィウェイト・コーテッド。フット・ペダルはTAMAのDyna-Syncを使用。ビーターはDANMARのDM-205に換装、さらにウェイトをプラスしていた。スティックはアヘッドからリリースしている自身のシグネチャー(16mm×406mm/アルミ)。鈴木と同様、グリップ・テープを巻きグローブを併用。滑り対策には万全を期している。

SET UP!

【Drum Kit】
TAMA:Starclassic Bubinga
22"×18"BD(×2)、10"×8"TT、12"×8"TT、
14"×8"TT、16"×16"FT、18"×16"FT

【Snare Drum】
TAMA
Warlord Praetorian(Cast Bell Brass) 14"×6"

【Cymbals】
ZILDJIAN(L→R)
18" A Custom Medium Crash
19" A Ultra Hammered China
19" A Heavy Crash
14" A Custom Mastersound HiHat Top(Top)+
 14" Z3 Mastersound HiHat Bottom(Bottom)
10" A Custom Splash
12" FX Oriental China “Trash”+14" A Custom EFX
19" A Ultra Hammered China
19" A Custom Projection Crash
6" FX ZIL-BEL
21" Z Custom Mega Bell Ride
13" A Pocket HiHats
19" A Heavy Crash