NOTES

UP

“煩悩の数”だけリズム・パターン108

  • Text & Score:Michiaki Suganuma


World 01 アフロ・キューバンの“ハチロク”ビート

推奨テンポ ♩=130
▲0:00~ World 01

6/8拍子のアフリカン・クラ-ベに添った形のアフロ・キューバンのパターン。中南米においてアフリカの民族音楽の影響が強いことを示すグルーヴで、リム・ショットとタムのコンビネーションはコンガの奏法を模していると考えられる。キューバのリズムのルーツと言ってもよいだろう。


World 02 ジャズ・マンボ・スタイルのアフロ・キューバン・ビート

推奨テンポ ♩=220
▲0:08~ World 02

ジャズのマンボ・スタイルのパターン。カップのリズムは2・3クラ-ベに添った“カスカラ”のリズムになっている。上記の01と比較すると同じリズムを土台に3連から16分のノリに変化(進化)しているのがわかると思う。本場のリズムではわずかに3連的な訛りが残 っている。


World 03 キューバン・ビートの定番”ソンゴ”のパターン

推奨テンポ ♩=105
▲0:17~ World 03

ヒスパニック系移民によってアメリカで発展したサルサで生み出されたソンゴのパターン。 今ではフュージョンなどでラテン・ビートを演奏する場合の定番となっている。4分に重きを置いた独特なノリが特徴で、スネアのゴースト・ノートは多くの打楽器での合奏の感覚を示している。


World 04 ブラジルのリズム“パルチード・アルト”のバリエーション(1)

推奨テンポ ♩=95
▲0:26~ World 04

サンバのルーツとも言われるパルチード・アルトの特徴を表わしたリズム・パターン。実際にラテン系リズムは2/4拍子で表わされるので2拍ごとのフレーズを入れ替えてプレイすることも可能。( )のように16分で細かく刻むと、よりサンバの感覚に近いパターンとなる。


World 05 ブラジルのリズム“パルチード・アルト”のバリエーション(2)

推奨テンポ ♩=105
▲0:40~ World 05

パルチード・アルトのリズムを利用しながらスネアの連打とフロア・タムを使って構成したパターンの一例。このフロア・タムはブラジルのバス・ドラムとも言えるスルドのサウンドを表していて、バス・ドラムはいわゆるサンバ・キックを利用している。サンバ・カーニバルのイメージのパターンである。


World 06 ボサノヴァの定番パターン

推奨テンポ ♩=130
▲0:48~ World 06

サンバのリズムをもとにしてジャズと結びついたボサノヴァのパターンの1つ。リム・シ ョットのフレーズは3・2クラ-ベに近いもので、小節を入れ替えて2・3にしてもプレイ可能。両足はサンバ・キックと同じオスティナートをキープし、ライドは一定の音量で叩くのがブラジル流。

Traditional編
伝統的なルーツ系リズム
8パターン

Traditional編は、現在そのままの形ではあまり使われないが、さまざまなリズムの“ルーツ”となっているような、伝統芸能的パターンを8つ紹介。身につけてアイディアの糧としよう!


Traditional 01 ジャンプなどで用いられたバウンス特化型ビート

推奨テンポ ♩=170
▲0:00~ Traditional 01

後のロックンロールにつながるR&B系のジャンプといったジャンルなどで用いられた、バウンスに特化したアプローチ。8ビートの確立前にバウンスしたR&B系のリズムにもある種の“エクストリーム化”が起こっていたことを示すアプローチ。今使っても十分“おいしい”ビートである。


Traditional 02 ブルース伝統のシャッフル・ビート

推奨テンポ ♩=140
▲0:06~ Traditional 02

“テキサス・ドライヴィング・シャッフル”とも異名を取るシャッフルのパターン。スネアのゴースト・ノートでスウィング感を出しているのが特徴で、ジャズからの影響も感じられるアプローチ。8ビートを3連で弾ませたのがシャッフルという単純な図式ではないことを認識させられるパターン。


Traditional 03 ロックンロール黎明期の8ビート・アプローチ

推奨テンポ ♩=160
▲0:13~ Traditional 03

リトル・リチャ-ズなどのロックンロール黎明期に見られる8ビートのパターン。バック・ビート以外の8分もスネアを連打しているのが特徴で、レッド・ツェッペリンの「ロックンロ ール」でもボンゾが継承しているアプローチ。8ビートの歴史を語る上で欠かせないパターンである。


Traditional 04 ベンチャーズ風のロックンロール・ビート

推奨テンポ ♩=150
▲0:20~ Traditional 04

1960年代にエレキ・ブームを起こしたベンチャーズを彷彿とさせる定番パターン。メル・テイラ-などが叩くこのビートは単純に“ドンタタ・ドンタン”と叩いてはダメ。2拍目のウラにアクセントをつけるように叩くのがポイント。ビ-トルズの地元の“マージー・ビート”も同様のパターンを用いている。


Traditional 05 ニューオーリンズ伝統のジャズの4ビート

推奨テンポ ♩=150
▲0:27~ Traditional 05

ニューオーリンズ~スウィング時代のジャズ・ドラムはモダン・ジャズのようなアドリブ性はまだ発展途上で、このようにある種パターン的なアプローチが多く見られた。バック・ビ ートに相当するような2、4拍のスネアも叩きバス・ドラムはフェザリングと呼ばれる4分をキープ。


Traditional 06 カントリー・ミュージックの“トレイン・ビート”

推奨テンポ ♩=160
▲0:34~ Traditional 06

カントリーで使われる2ビートの通称“トレイン・ビート”。スネアのアクセントの移動によるパターンで、列車が走る感じからこの名がついたと思われるが、アメリカの開拓精神ともつながっているとも想像できるような、伝統のアプローチ。ブラシで演奏されることも多いパターン。


Traditional 07 セカンドラインを使った元祖ジャングル・ビート

推奨テンポ ♩=95
▲0:41~ Traditional 07

ジャングル・ビートと称されるパターンは時代によってさまざまに移り変わって来ているが、これはその元祖とも言うべきアプローチ。ニューオーリンズのセカンドライン的なリズムをタムで叩くパターンで、TOTOの「ロザーナ」のバス・ドラム・パターンは実はこれがもとになっている。


Traditional 08 カリプソ的パターン

推奨テンポ ♩=190
▲0:50~ Traditional 08

ソニー・ロリンズの楽曲「セント・トーマス」でのマックス・ローチのカリプソ的なパターン。ジャズでのアフロ・キューバン・リズムとは違ったアプローチで、左手がスネアのリム・ショット、右手がタムを移動する形で、カリブ海のリズムの雰囲気を見事に表現したパタ ーンである。

Next▶︎ Rock編 30パターン!