DRUM KIT LIBRALY

UP

Set Up – 恒岡 章 (Akira Tsuneoka)

  • [Hi-STANDARD、summertime]

このキットについてもっと知りたい方は、
『ドラム・セット・ファイル Vol.2』をチェック!

  • Photo:Taichi Nishimaki

DRUM KIT 

緻密にセッティングされた疾走するビートの“土台”

2011年に再始動したHi-STANDARDのメンバーで、18年に村田シゲとのユニット=summertimeを立ち上げるなど、精力的な活動を展開している恒岡 章。数々の機材を所有している彼が、Hi-STANDARDのメイン・キットとして信頼を寄せるのが、“Gold Glass”フィニッシュのDWコクターズ・メイプル。1バス、1タム、2フロア・タムという王道のロック・セッティングだ。フロア・タムの高さやタムの角度はかなり細かく決めており、バス・ドラムをかわすように奥側にセットされたスネア・ドラムの位置関係にも注目。スローンの三脚の1本を前方に向けており、これは浅めに座るための安定性を考慮していると思われる。この緻密に計算されたセッティングから疾走する“あの”ビートが生まれる!

SET UP!

【Drum Kit】
DW
Collector’s Maple
22"×16"BD、13"×9"TT、
16"×14"FT、18"×16"FT

【Snare Drum】
DW
Collector’s Metal
14"×5.5"(Aluminum)

【Cymbals】(L→R)
PAISTE 2002
14" Heavy Hi-Hat、
16" Crash、
20" Power Bell Ride、
18" Crash、
20" Novo China