DRUM KIT LIBRALY

UP

Set Up – 鬼ヶ島一徳 (Ittoku Onigashima)

  • [バックドロップシンデレラ]

このキットについてもっと知りたい方は、
『リズム&ドラム・マガジン 2019年4月号』をチェック!

  • Photo:Taichi Nishimaki

DRUM KIT 

音塊を飛ばす王道ロック仕様のカーボンプライ・メイプル

独創的な音楽性と圧巻のステージ・パフォーマンスでオーディエンスを踊らせまくるバンド、バックドロップシンデレラ。18年にリリースした『VIVA』を引っ下げたツアー最終公演となったZepp Tokyoで、鬼ヶ島一徳が使用したキットは、パールのカーボンプライ・メイプル。関係者を交えていくつかのキットを試奏した際、全員一致で“これが良い!”となったそう。24”BDを核とした王道の3点セッティングで、ステージ上での存在感も抜群。シンバルはセイビアン。AAXのメタル・クラッシュを筆頭にやはり音量の大きなものが並ぶ。注目は左手側に配置されたクラッシュで、同じ高さに2枚揃えてセッティング。速い曲が多いため、“移動優先”でこの形に落ち着いたという。ちなみに右手側は“見た目優先”だそうで、ライドはバス・ドラムを覆うように、低く水平にセットされている。スネア・ドラムはパールのジョーイ・ジョーディソン・シグネチャーで、レッドフェイド・フィニッシュの限定モデル。こちらは打面にエンペラーXを装着し、かなり高めにチューニング。ライヴではヌケが良く、鋭いサウンドを放っていた。

SET UP!

【Drum Kit】
PEARL
Carbonply Maple
24″×16″BD、12″×10″TT、16″×16″FT

【Snare Drum】
PEARL
Joey Jordison Signature Model 13"×6.5"

【Cymbals】(L→R)
SABIAN
14″ AAX Freq Hats
17″ AAX X-Plosion Crash
8″ HH Splash
18″ AAX Metal Crash
20″ AA Rock Ride
19″ AAX Metal Crash
19″ AAX X-Treme China