UP

試奏レポート【LUDWIG】NeuSonic Snare Drum

  • Review:Takuya Yamamoto Photo:Takashi Yashima

ラディックの高コスパ・シリーズ
ニューソニックにスネア・ドラムが登場

高品位なチェリー材とメイプル材を使用し、USA製ながら高いコスト・パフォーマンスを誇るラディックのニューソニックよりスネア・ドラムが発売。サイズは14″×6.5″で、1963年当時の18本線を再現したL1963スネア・ワイヤーが標準装備。カラーは今回試奏したサテンウッドとブラックベルベット、そして定番色として人気のスカイラインブルーの3色となっている。

Review

低価格帯ながらハイ・グレードなパーツに信頼感
レベルを問わずさまざまなドラマーにフィットするスネア

薄めに仕上げられたメイプルとチェリーの複合シェルで、比較的低価格なモデルですが、上級モデルに引けを取らないハイ・グレードな金属パーツを採用しており、信頼感のある仕上がりです。

この楽器の実力を見極める上での重要なポイントですが、あまりハードなショットをすると、比較的早い段階で剛性の許容レベルを超えてしまいます。過剰な入力は、シェルの振動が不規則になり、音が潰れて濁ってしまうので、このシェル特有のドライでウォームなトーンを生かせるボリューム・レンジの中で、その魅力を引き出すことが肝腎でしょう。

思いっきり叩かなくてもシンプルにいい音がするので、パワーの面で成長途中のドラマーにも、シチュエーションに応じた音量を使い分けられる熟練のドラマーにもフィットする、さまざまな顔を持つ楽器です。

※画像はタップで拡大できます。

  • Acroシリーズなど2021年の新製品に共通で採用されている、18本線のL1963スネア・ワイヤー。

GEAR SPEC

LS264B3
¥58,300

【シェル】5mm厚:チェリー3プライ+メイプル3プライ(アウター)
【サイズ】14″×6.5″
【フープ】プレス・フープ(10テンション/2.3mm厚)
【ストレイナー】P88AC
【スナッピー】スティール18本線
【打面ヘッド】ラディック・ウェザー・マスター・ヘヴィ・コーテッド
【フィニッシュ】サテンウッド

製品ページ:HP
お問い合わせ: 野中貿易(☎045-211-2022)