DRUM KIT LIBRALY

UP

Set Up – 吉田雄介 (Yusuke Yoshida)

  • [tricot]

このキットについてもっと知りたい方は、
『リズム&ドラム・マガジン 2020年3月号』をチェック!

  • Photo:Takashi Yashima

DRUM KIT 

ヴィンテージ・ライクにこだわったカノウプスのマホガニー・キット

ワールドワイドな活動を続ける4人組ロック・バンド、tricot。19年に結成10周年を迎え、20年にメジャー1stフル・アルバム『真っ黒』をリリース。ドラムの吉田雄介が本作のレコーディングでも使用した愛用のキットは、カノウプスのマホガニー・シリーズ。22"BD/13"TT/16"FTという構成のブルー・オイスター・カバリング仕様は、もともと70年代ラディックのスーパークラシックを使っていたという吉田がこだわってオーダーしたそう。タムのセッティングは、13"を使いつつもスネアとの高低差はできるだけ少なくし、バス・ドラムとの接触を防ぐためにこのセッティングにしている。メイン・スネアは70年代製と思われるラディックのLM402。打面ヘッドはカノウプス/レモ・ヘイジー・コーテッドが張られていた。シンバルはジルジャンに統一されており、15"Kスウィート・ハイハットをはじめ、大口径のモデルを中心にセレクトしている。

SET UP!

【Drum Kit】
CANOPUS
Mahogany
22"×15"BD、13"×9"TT、16"×15"FT

【Snare Drum】
LUDWIG
70s#402 14"×6.5"(Main)
SONOR
SQ2 Series Heavy Beech 14"×6"(Side)

【Cymbals】(L→R)
ZILDJIAN
15" K Sweet Hi-Hat、
18" K Sweet Crash、
23" K Sweet Ride、
22" K Cluster Crash