DRUM KIT LIBRALY

UP

Set Up – Pat Torpey (パット・トーピー)

  • [MR.BIG]
  • Photo:Takashi Hoshino、Eiji Kikuchi(Gear)

DRUM KIT 

MR.BIG全盛期から不動の王道ロック・セッティング

MR.BIGのドラマーとして、ロック・シーンを牽引し、日本のファンからも愛されたパット・トーピー。2018年に天に召され、本日2月7日が3回目も命日となる。ここでは追悼の意を込めて、リズム&ドラム・マガジン2009年9月号で掲載された彼のセッティングを公開。
再結成を果たして敢行されたツアー“Reunion Tour 2009”の来日公演でパットが使用したキットが、TAMAの、ブビンガとバーチのハイブリッド・シェル、Starclassic Performer B/Bだ。MR.BIG最初期には、Artstar IIの2BD+2TT+1FTを、ラックを使ってセットしていたが、90年代後半には1BD+1TT+2FTのセットが定着、現在も不動のセット・アップ。水平セッティングが特徴的なシンバル類はすべてジルジャンで統一され、右手で叩くものを右に、左手で叩くものを左にセットして、オルタネート手順でフレーズを組み立てることがあることを念頭に置いている。スプラッシュはクラッシュ類より一段低く、タンバリンやハイハットとのコンビネーションでも多用している。ライドは特注のスタンドでバス・ドラムに触れないギリギリの高さにセット。ご存知の通り、パットの椅子はかなりの低さで、手を伸ばして上段のシンバルをショットしている。スネア・ドラムは、1.5m厚ブラスにスティール製レインフォースメントを施したシェルが採用されたパット・トーピー・シグネチャーを使用していた。フット・ペダルは古くからパワー・グライドのIRON COBRA ツイン・ペダルを使用。ビーターは、メインがフェルト(ダンマー)、スレイヴ側が樹脂(ジブラルタル)。自ら加工したフェルトの水平面や足元のベビー・パウダーもお馴染み。スティックはプロマークの自身のモデル(5B)を使用していた。

SET UP!

【Drum Kit】
TAMA
Starclassic Performer B/B
22"×18"BD、13"×9"TT(特注サイズ)、16"×16"FT、18"×16"FT

【Snare Drum】
TAMA
Pat Torpey Signature Snare 14"×6.5"

【Cymbals】L→R
14" New Beat HiHat、
16" Medium Crash、
12" Splash、
18" Medium Crash、
22" A Ping Ride、
18" Medium Crash、
13" New Beat HiHat(closed)、
19" K China

【Percussion】
LP
Tambourine
Ridge Rider&Cowbell