DRUM KIT LIBRALY

UP

Set Up – Brann Dailor (ブラン・デイラー)

  • [Mastodon]

このキットについてもっと知りたい方は、
『リズム&ドラム・マガジン 2015年6月号』をチェック!

  • Photo:Taichi Nishimaki

DRUM KIT 

爆裂ヘヴィ・サウンド”のボトムを支えるTAMA DrumsとMEINL Cymbals

2015年のマストドン来日公演でブランが使用したキットは、海外仕様のTAMA Starclassic Mapleで、1バス、3タム、1フロア・タムという構成。全体的に角度をつけてセッティングされているのが特徴で、これは歌いながら叩くための工夫なのだろうか? 打面ヘッドはバス・ドラムがエヴァンスのEQ3クリア、タム、フロア・タムは打面がE2クリア、ボトムがレゾナンス・ブラックという組み合わせ。シンバルはマイネルで統一。口径の大きなものを中心にセレクトしている。メイン・スネアはSTARPHONICシリーズのブラス・シェル(14"×6")。打面ヘッドはエヴァンスのパワー・センターで、スネアも角度をつけてセッティング。フット・ペダルはSpeedCobra(ツイン・ペダル)で、ビーターはIron Cobraに搭載されているCB90Fに交換して使用。ボードの間隔が狭い点にも注目。

SET UP!

【Drum Kit】
TAMA
Starclassic Maple(海外市場向けモデル)
22"×18"BD、10"×8"TT、12"×9"TT、13"×10"TT、16"×16"FT

【Snare Drum】
TAMA
STARPHONIC Brass
14"×6"

【Cymbals】(L→R)
MEINL
14" Mb20 Heavy Soundwave Hihats、
19" Mb20 Heavy Crash、
20" Mb20 Heavy Crash、
21" Mb8 Ghost Ride、
22" Byzance Jazz China Ride