NOTES

UP

the Focus – ドラマーの足元に大接近! – #2 高橋 武

  • Video:Rhythm & Drums Magazine Photo:Satoshi Hata Text:Yusuke Nagano

the Focus #2:高橋 武[フレデリック]

ドラマーなら誰もが気になる足元の動きを、GoProを駆使して超近距離で捉える新連載=“the Focus”! 第一弾の沼澤 尚に続いて登場いただくのは、中毒性の高いダンス・ミュージックを展開するフレデリックの高橋 武。基本に忠実な力強い4つ打ちをはじめ、多彩なビートを創出する高橋のフット・ワークを見ていこう。

基本に忠実なポジションから繰り出される
鋭いレスポンスと弾力性のある太いサウンド

インパクトの瞬間が鮮明に伝わるレスポンスの鋭さと、弾力性のある太さを兼ね備えた高橋 武のフット・ワーク。奏法はヒール・アップを使って、ヒット時にはカカトがヒール・プレートに着くあたりまで落としているのが特徴的。

スネが床に対して垂直に近いアングルになっていることから、膝の真下近くに足首が位置していると推測するが、腿の重さをスネを通して真下に効率よく伝える動きの中に、太い音色の秘訣があると思われる。

またカカトを上げたときの足首は、足裏が床と平行になるくらいの範囲内で動き、力を加えるポイントは母子球をメインに、状況に応じてつま先までをうまく活用している印象。踏み位置は母子球をフット・ボードの上から1/3あたりに乗せる基本に忠実なポジションを軸に、連打時(1:03頃〜)は微妙に手前に移動しながらストローク幅をコントロール。

そして速い2連打の場合はスライドを活用。前後の移動距離は、速さやニュアンスによっても変化しているが、時には1:12頃~のようにチェーンにつま先がつくあたりまで大きく移動することもある。さらにパワフルで大きなストローク時には、フット・プレートを戻す際の足裏に一瞬隙間を生じさせ、ビーターの素早い返しと、その反力を巧みに利用している点も見逃せない。

【高橋の足周り】

▲高橋のフット・ペダルはDW-5000TD。デフォルトの2Wayビーターはフェルト面を使用し、角度は45°ほどに設定していた。写真は9月27日に行われた配信ライブ「FREDERHYTHM ONLINE『ASOVISION~FRDC × INT~』」にて撮影したもの。

高橋 武のドラミングを映像で確認!

ドラム・キットも公開中!!

さまざまなドラマーのドラム・セットを紹介するDrum Set File Webでは、高橋のキットも紹介! 詳細は画像をタップ!