SPECIAL

UP

誌上ドラム・コンテスト2021 特設サイト

  • Program:Rhythm & Drums Magazine Photo:anyaberkut / iStock by Getty Images、Taichi Nishimaki(Akira Jimbo)

記念すべき第20回目となる
誌上ドラム・コンテストは豪華2本立て!
最終審査は、トップ・ドラマー=神保 彰によるライヴ審査を実施!

昨年は新型コロナウイルスの世界的流行による自粛期間を乗り越えて、この10年で最多となる385通もの応募をいただき大いに盛り上がった誌上ドラム・コンテスト。

今年は記念すべき第20回の開催ということで、何とU-15のジュニア・コンテストを新設し、恒例のコンテストと2種同時開催! さらに、近年はみなさまのエントリー動画のみですべての審査ステップを完結していましたが、今年の最終審査では、“ライヴ審査”が久しぶりに復活“ドラムの日”である10月10日ファイナリストの生パフォーマンスをトップ・ドラマーの神保 彰氏にその場でジャッジしていただきます。とても貴重な機会なので、ぜひ奮ってご応募ください!

誌上ドラム・コンテスト2021 ラインナップ

-Side A-
第20回誌上ドラム・コンテスト
「MILESTONE」

毎年恒例、全年齢向けのコンテスト!

▲「MILESTONE」の課題曲音源&詳細はこちら

課題曲提供:坂東 慧[T-SQUARE]

-Side B-
U-15ジュニア・コンテスト
「Kick-Start」

新設! 15歳以下を対象としたコンテスト

▲「Kick-Start」の課題曲音源&詳細はこちら

課題曲提供:神保 彰

エントリー受付期間(「MILESTONE」&「Kick-Start」共通)

2021年6月16日(水)〜8月31日(火)

※「MILESTONE」&「Kick-Start」の同時応募はできません。

最終ライヴ審査日程(「MILESTONE」&「Kick-Start」共通)

2021年10月10日(日)

※東京都内の会場にて開催予定(有観客/配信等の形式未定)。

最終審査員(「MILESTONE」&「Kick-Start」共通)

神保 彰 Akira Jimbo

Profile●じんぼあきら:1959年生まれ。1980年、カシオペアでプロ・デビューして以来、四半世紀に渡り、音楽シーンの最先端を走り続けるトップ・ドラマー。トリガー・システムを駆使したワンマンオーケストラは、国内はもとより全世界に轟いている。2020年にはプロ・デビュー40周年を迎え、現在はソロ活動を中心に、CASIOPEA 3rdのスペシャル・サポートとしても活躍。11年からは国立音楽大学ジャズ専修客員教授として、後進の指導も精力的に行っている。

各コンテストへのエントリーに必要な“応募券”が付属!
課題曲の構成譜や神保 彰への最終審査員インタビューなど
コンテスト詳細の掲載号はこちら
⬇︎

リズム&ドラム・マガジン2021年7月号

リズム&ドラム・マガジン21年7月号

本コンテストのエントリーに必要な“応募券”+エントリーシートが付属!

発売日:2021年6月16日

【コンテスト企画掲載内容】
・「MILESTONE」&「Kick-Start」応募要項
・エントリーシート
・課題曲の構成譜
・作曲者コメント
・最終審査員インタビュー feat. 神保 彰

コンテスト関連コンテンツ

ドラムが叩けるプライベート・スタジオ ― コンテスト活用術 Vol.1

プロ用のスタジオやライヴ・ハウスの防音/音響工事も行うアコースティックエンジニアリングによる施工で実現した“夢の自宅スタジオ”を紹介する連載「ドラムが叩けるプライベート・スタジオ」。その特別編として、“誌上ドラム・コンテストでの自宅スタジオ活用”をテーマに、自宅スタジオを使ってコンテストの課題曲にも取り組んでいるというMさんにインタビューを実施しました。ドラムのアプローチ作りやドラム・レコーディング、そして演奏動画の撮影に至るまで、存分に語っていただいています。