DRUM KIT LIBRARY

UP

Set Up -Steve Ferrone (スティーヴ・フェローン)

  • Photo:Taichi Nishimaki

DRUM KIT 

自在なタッチでレンタル機材もフェローンの色に染まる

2017年にネイザン・イーストのサポートとして来日したスティーヴ。ビルボードライブ東京公演では、グレッチのUSAカスタムを使用。レンタル機材ではあるが、レギュラー・グリップから繰り出される変幻自在なタッチで、深みのあるトーンを引き出し、自分色に染めていたのが印象的。1バス、1タム、2フロア・タムという構成で、タムは7"と浅胴仕様で、フロアを奏者側に傾けてセットしている点にも注目。ヘッドはバス・ドラムのフロント側にレモのファイバースキン3、打面側にパワーストローク3コーテッドという組み合わせで、骨太なボトムを作り出している。タム、フロア・タムの打面にはコーテッド・アンバサダーをチョイス。シンバルはセイビアンで、こちらもレンタル。左手側に22”と20”、2枚のライドが配置され、ハイハットも含めて、彩り豊かな“刻み”を披露してくれた。ポケットを突くバック・ビートの肝となるスネア・ドラムはグレッチのブルックリン・シリーズ。打面ヘッドはコーテッド・アンバサダーで、真ん中よりもやや手前側に打痕が集中していた。足回りはDW9000シリーズで統一。ペダル同士の間隔はやや狭めとなっている。

SET UP!

【Drum Kit】
GRETSCH USA Custom
22"×18"BD、12"×7"TT、14"×12"FT、16"×14"FT

【Snare Drum】
GRETSCH Brooklyn
14"×5"

【Cymbals】
SABIAN(L→R)
15" HH Hats
18" HHX Stage Crash
22" Paragon Ride
18" HHX X-Plosion Crash
20" HHX Stage Ride
20" HH Suspended