DRUM KIT LIBRARY

UP

Set Up – Joey Jordison (ジョーイ・ジョーディソン)

ドラム・マガジン2021年10月号ではジョーイ・ジョーディソンの追悼特集を掲載!

  • Photo:Don Arnoid/Getty Images、Tetsuto Sato(Gear)

DRUM KIT 

ライザーに固定で演奏中に回転!
特別仕様でド派手&豪華な超多点キット!!

2008年のLOUD PARKでジョーイが使用したのは本国から持ち込んだパールのリファレンス。スリップノットのロゴをあしらった特別仕様のカバリング、ラックやパーツ類のゴールド・メッキなど、豪華でド派手なルックスだ。2バス/4タム/2フロア、奏者左手にはゴング・ドラムと4連のキャノン・タム、RolandのV-Padが並ぶ超多点セット。 BD、TT、FT、SDにはddrumのトリガーが装着されている。キットが設置されているライザー(台座)が縦横無尽に回転する仕組みとなっており、ラックを含むほぼすべてのパーツをボルトで固定。ローディ曰く、組み立てるのに2日間かかるそうで、欧米ツアーなどではセットをバラすことなく、ライザーごとトラックで運び出していたという。シンバルはパイステのルード、2002、シグネチャー・シリーズを組み合わせて使用。すべて黒く塗装され、こちらもスリップノットのロゴがあしらわれている。スネア・ドラムはキットと同じくパールのリファレンス。自身のシグネチャー・モデル(13"×6.5")を使用していた時期もあったが、この頃はよりデッドな響きを求めて14"×6.5"を選んでいたそうだ。ツーバス・セッティングではあるものの、フット・ペダルはパールのツイン・ペダル=P-1002(シングル・チェーン・ドライヴ)を使用。ハイハット・スタンドはアタッチメントを噛まさず、かなり奏者左に寄っている。

SET UP!

【Drum Kit】
PEARL Reference
22"×18"BD(×2)、8"×8"TT、10"×8"TT、
12"×9"TT、13"×9"TT、16"×16"FT、
18"×16"FT、20"×15"Gong Drum

Cannon Tom
6"×12"、6"×15"、
6"×18"、6"×21"

【Snare Drum】
PEARL Reference
14"×6.5"

【Cymbals】
PAISTE(L→R)
19" 2002 Wild China
14" 2002 Wild Hats
17" RUDE Crash Ride
8" Signature Splash
6" Signature Splash
10" Signature Splash
18" RUDE Crash Ride
19" RUDE Crash Ride
13" Signature Heavy Hi-Hat
20" 2002 Power Ride
21" 2002 Wild China
15" 2002 Wild China
18" RUDE China
13" Signature Mega Cup Chime

【Electronic Drums】
Roland 
12" V-Pad

ddrum
Drum Trigger