NOTES

UP

Lesson – なんちゃってジャズ・ドラム #4 – シンバル・レガートにバリエーションをつけてみよう!

ジャズは難しいと思って敬遠している人、スウィングしようとしてもロック風のシャッフルになってしまう人……そういったドラマー達にオススメしたいのが、誰もが気軽にジャズ体験ができる“敷居の超低い1冊”=『なんちゃってジャズ・ドラム』。ドラマガWebではそのコンテンツの一部を公開! 第4回では、これまで本連載で習得してきたシンバル・レガートにバリエーションをつけてみよう!

▼CLICK!▼

#4 シンバル・レガートにバリエーションをつけてみよう!

ベーシック・フレーズ

難易度 ★☆☆

0:00〜:ベーシック・フレーズ

上の譜例のように、シンバル・レガートにバリエーションをつけることによって、リズムに多彩な表情を加えることができる。そっ曲的に自由に歌うような気持ちで演奏して、ジャズっぽい雰囲気を出すように心がけてみよう。なお、4分音符の流れや小節感は常に見失わないように注意!

POINT!

▶︎あくまで自由に、歌うような気持ちで!
▶︎4分のスウィング感の流れを崩さないように!

うまそうに演奏するためのヒント!

★ まだまだある! レガートのバリエーション

下の譜例のように、シンバル・レガートのバリエーションの譜例をさらに上げてみた。これらの譜例を組み合わせ的につなげて練習すると、バリエーションや即興性を養う良いトレーニングになる。


フレーズは他にもたくさん考えられるので、自分でもいろいろと作って試してみよう。慣れてきたら、口ドラムを歌いながら即興的に叩く練習をすると、さらに自由で多彩な演奏ができるようになるぞ!

自宅トレーニング用フレーズ

安定したレガートを叩く練習

0:16〜:自宅トレーニング用フレーズ

譜例は、通常のレガートとそのバリエーションを1小節ごとに叩く練習。これによってバリエーションを叩くときのリズムが安定し、小節感覚を向上させられる。慣れてきたら、バリエーションのフレーズを入れ替えたり、2小節サイクルで繰り返したりしてみよう。

なんちゃってジャズ・ドラム – BACK NUMBER

#1 超カンタン! 4分音符でシンバル・レガート

#2 4ビートで“歌うように”シンバル・レガート
#3 アップ・テンポの4ビートをプレイしよう