DRUM KIT LIBRALY

UP

Set Up – 大澤実音穂 (Mineho Osawa)

  • [雨のパレード]

このキットについてもっと知りたい方は、
『リズム&ドラム・マガジン2018年6月号』をチェック!

  • Photo:Taichi Nishimaki

DRUM KIT 

ブラック・フィニッシュがクールなカノウプスのマホガニー・シリーズ

ドラマガ20年10月号の表紙特集にも登場した、雨のパレードの大澤実音穂。彼女がライヴで使うドラム・セットは、17年の夏に入手したカノウプスのマホガニー・シリーズ。「見た目を黒で揃えたかった」とのことで、同シリーズではめずらしいブラック・フィニッシュをオーダー。スネアとタムの高低差が小さいセッティングは「移動が速くできるように」という理由から。「好きなドラマーさんがカノウプスに多くて、いろいろと相談している中でマホガニーを勧めてもらったんです。もともとあまりバシバシしすぎていない、温かい感じの音が好きなので、これは雨のパレードに合う音だなと思いました」とのことで、バンド・サウンドにマッチした機材セレクトにこだわったそう。シンバルは、ドラム・セット入手前から使っているジルジャン。「あまり明るい音のシンバルだとヌケすぎてしまうので、溶け込むような倍音のあるシンバルが好きです」という彼女らしいセレクトになっている。大澤のプレイを特徴づける左手側のセッティングも見どころ。ローランドのサンプリング・パッドSPD-SXと、nord drum2(音源)&nord pad(パッド)の組み合わせは、雨のパレードの表現に欠かせないアイテムだ。ハイハットとスプラッシュが近接しているのは叩きやすさを考慮した結果だという。

SET UP!

【Drum Kit】
CANOPUS
Mahogany Series
22″×15″BD、12″×8″TT、16″×15″FT

【Snare Drum】
CANOPUS
Black Nickel Brass 14″×6.5″

【Cymbals】(L→R)
ZILDJIAN
14″ A Custom HiHat、
9″ K Custom Hybrid Splash、
16″ K Custom Dark Crash Thin、
18″ A Medium Thin Crash、
21″ K Custom Hybrid Ride、
18″ A Medium Thin Crash