DRUM KIT LIBRALY

UP

Set Up – John Robinson (ジョン・ロビンソン)

  • [David Foster]

このキットについてもっと知りたい方は、
『ドラム・セット・ファイル Vol.2』をチェック!

  • Photo:Takashi Hoshino Text:Rhythm & Drums Magazine

DRUM KIT 

小口径ドラム+大口径シンバルが生み出す極上のダイナミクス

マイケル・ジャクソン、チャカ・カーン、ダフト・パンクをはじめ、数多の名曲にドラマを刻んできた“ヒット曲請負人”=ジョン“JR”ロビンソン。2018年に行われたデヴィッド・フォスターのブルーノート東京公演は、会場がジャズ・クラブということで、20"のバス・ドラムを基調とした小口径仕様のDWコレクターズ・バーチをセレクト。シンバルはパイステで、15"ハイハット、20"クラッシュ、24"ライドと大口径のモデルが並ぶ。小口径のドラムをふくよかに鳴らし、大口径のシンバルはコントロールして抑えるという印象で、セット・バランスも完璧。中でもJRのシグネチャー・モデルである24"ディープ・ライドは、“大は小を兼ねる”ということわざを見事に体現。スネア・ドラムはDWのブラス・シェル。打面ヘッドのロゴを挟むようにジェル・ミュートを2つ装着。写真ではわかりにくいが、スイッチが“3時”の位置に来るようにセットするのがJR流。フット・ペダルはアクシスのAX-A2(ツイン・ペダル)で、ビーターはダンマー製。普段は同じ正方形型のウッド・ビーター=JRモデルを使っているが、この日はフェルト・タイプを選択。ダイレクト・ペダルに正方形型のビーターという組み合わせが、“JRグルーヴ”の土台を支える要と言える。

SET UP!

【Drum Kit】
DW
Collector’s Birch
20"×18"BD、10"×8"TT、
12"×9"TT、14"×12"FT、
16"×14"FT

【Snare Drum】
DW
Brass Shell
14"×6.5"

【Cymbals】(L→R)
PAISTE
15" Signature Dark Energy Hi-Hat、
20" Signature Full Crash、
24" Masters Deep Ride、
20" Signature Dark Energy Ride、
19" Signature Full Crash