DRUM KIT LIBRALY

UP

Set Up – Manu Katché (マヌ・カチェ)

このキットについてもっと知りたい方は、
『リズム&ドラム・マガジン 2020年2月号』をチェック!

  • Photo:Takashi Hoshino(Gear)、Tsuneo Koga Special Thanks:COTTON CLUB

DRUM KIT 

聴き惚れるほど美しい音色を生み出す不動のセッティング

深みのあるグルーヴと、彩り豊かなサウンド・アプローチで日本のオーディエンスを唸らせた無二なるドラマー、マヌ・カチェ。彼のソロ・アルバム『The Scope』を引っ提げた来日公演で使用したのはヤマハの最新モデル、Live Custom Hybrid Oak。1バス、2タム、1フロア・タムというオーソドックスな4点セットながら、やや手前側に傾斜をつけたタムのセッティングや、整然としたシンバルの並びなど、一目で“マヌ・カチェ!”とわかるほど個性的。シンバルはジルジャンで、ハイハットとEFX、そしてタムの間にセットされた2枚のスプラッシュは本人が持参したもの。スプラッシュの奏で方&使い方はマヌならではで、それぞれシンバル・スタンドからセットされている点にも注目だ。奏者左手側にはヤマハの電子パッド、DTX-MALTI12をセット。

SET UP!

【Drum Kit】
YAMAHA
Live Custom Hybrid Oak
22"×18"BD、12"×8"TT、
13"×9"TT、16"×15"FT

【Snare Drum】
YAMAHA
Manu Katché Signature Model
14"×5.5"

【Cymbals】(L→R)
ZILDJIAN
13" A New Beat HiHat、
18" K Dark Crash Medium Thin、
6" A Splash、
6" A Custom Splash、
16" A Armand Medium Thin Crash、
21" A Armand Ride、
16" K EFX

【Electronic Drums】
YAMAHA
DTX-MULTI12(Sampling Pad)