NEWS

UP

Report – シド|バンド結成記念日を祝した初の無観客ライヴ(d:ゆうや)

  • 文:編集部 写真:今元秀明

ハイブリッド・セットで色彩豊かなサウンドを演出
伸びやかなヴォーカルを生かすゆうやの堅実なドラミング

4人組ロック・バンド=シドが、バンド結成17年を迎えた1月14日、自身初の無観客配信ライヴ<SID LIVE 2021 ~結成記念日配信ライブ~>を開催。歌謡曲、ロック、フュージョン、キャッチーなポップス、ジャズなどの多彩な音楽ジャンルを昇華し、結成から現在にかけて幅広いテイストの楽曲を積み上げてきたシド。この日は結成記念日のライヴということで、17年間で生まれた曲が、新旧バランス良くセットリストに織り交ぜられた。ここではその模様をレポートしよう。

バンドとしては実に約1年ぶりとなるライヴの舞台となったのは、ライヴ・ハウスと思われる会場の特設ステージ。ドラムのゆうや作曲による新SE「residence」をバックにメンバーが登場すると、叙情感溢れるメロディのバラード曲「涙雨」で本編がスタート。挨拶代わりにまずはしっとりと曲を聴かせると、続けて歌謡曲テイストの定番曲「アリバイ」を披露。ブラスやストリングスの音色が重なる濃密なサウンドの中、メンバーが織りなすアンサンブルはブランクをまったく感じさせず、心地良く耳に届いてくる。

▲シド(L→R)
写真左から、明希(b)、ゆうや(d)、マオ(vo)、Shinji(g)。

キャッチーで軽快な曲調の「ANNIVERSARY」、「V.I.P」の2曲を畳みかけ、続くMCではメンバーそれぞれからこの日の意気込みが語られた。ゆうやは、オンラインで視聴しているファンに向けて「2021年のスタートは、シドのライヴというのは気持ちが良いです。お家でご近所の迷惑にならない程度に、思う存分叫んでください!」と呼びかける。

MCのあとに演奏されたバラード「声色」は、ゆうやが作曲を担当。コロナ禍の自粛期間に制作を進め、「siren」(作曲:明希)、「ほうき星」(作曲:Shinji)と共に3曲連続リリースされた新曲の1つで、ゆうやは、セット全体を生かした色彩豊かなドラム・サウンドと、一発一発に重みを感じさせるビートで堅実に楽曲を支える。

彼がこの日使用したドラム・キットは、パールのMasters Maple Reserve(MRS)。1バス2タム2フロア・タムに、ジルジャン・シンバル9点と、エレクトロニック・パッドやウィンド・チャイムを組み込んだお馴染みのハイブリッド・セッティングだ。